男の人

いざという時のため|HDDが壊れたときはデータの復旧を

このエントリーをはてなブックマークに追加

バックアップの重要性

女性

データが破損した場合、バックアップを取っていれば復旧作業は安全かつ素早く行うことができます。バックアップの方法は、外付けHDDでの保存の他、近年ではクラウドサービスによるファイル共有もあります。

もっと見る

パソコンのケア

周辺機器

パソコンのメンテナンスをするだけでもデータ破損のリスクを大きく下げ、復旧作業の頻度を大幅に減らすことができます。主なメンテナンス方法は掃除であり、エアダスターとドライバーだけで十分です。

もっと見る

業者に依頼を

作業者

パソコンのデータを保存しているのは、HDD(ハードディスクドライブ)と呼ばれるパーツです。これはいわば人間でいう脳に当たる部分であり、HDDに深刻なダメージが有り、稼働しなくなった場合、パソコンそのものが動かなくなってしまいます。そんな場合、新しいパソコンを用意しなければならないのですが、問題は壊れたHDDの中に入っているデータです。HDDが壊れた場合、保存してあった中のデータも壊れてしまっていることが多く、最悪の場合二度とデータが戻らないこともあります。
データを復旧させる方法は、二通りあります。1つは、ソフトを使って自分で復旧作業を行うか、そしてもう1つは業者に依頼するというものです。前者の場合、有料あるいは無料のサルベージソフトを使用して復旧作業を行うのですが、データの破損具合によっては復旧ができない場合があり、できなかった場合はサルベージソフトの分の料金が無駄になってしまいます。フリーのソフトもありますが性能が限られているため、より成功率は望めません。
業者に依頼する場合、ソフトを使い的確にサルベージしてくれる他、無事なHDDにデータを保存してくれるのでデータの引越しも容易に行なえます。また、業者によっては様々なオプションサービスがつくことも多いので、パソコンに全く詳しくない場合は、データの復旧業者に依頼したほうが有効です。ちなみに、HDDを修理するのは非常に危険です。というのも、HDD内は非常に精密であり、ホコリ一つ入っただけで台無しになってしまうからです。

業者選びの基本

PC

データの復旧業者を探す時に重要視するのが、高い信頼性があることです。信頼と実績が高いところはその分データの復旧の成功率が高いということであり、安心して作業を任せることができます。

もっと見る