バックアップの重要性|いざという時のため|HDDが壊れたときはデータの復旧を
婦人

いざという時のため|HDDが壊れたときはデータの復旧を

このエントリーをはてなブックマークに追加

バックアップの重要性

女性

パソコンのHDDがクラッシュした時、データの復旧作業を行わなければなりません。場合によってはデータの復旧業者に依頼しなければならないこともありますが、そのリスクを確実に無くしたいのであれば、バックアップを常にとっておきましょう。バックアップとは、重要なデータをコピーして、他の記憶媒体に保存するという方法です。バックアップを取ることで、パソコンがいつ壊れても重要なデータを復旧させることができます。
バックアップを行う際の記憶媒体として最も多く使われているのが、外付けHDDです。他にも、一時的な保存ならUSBメモリを使うこともあります。外付けHDDを使うメリットは、大容量が保存でき、なおかつ長持ちするのでいざという時のバックアップとして安心して活用できるということです。USBメモリは耐久年数こそ外付けHDDよりも少ないですが、持ち運びに便利な他、近年では大容量が保存できるようになっています。他にも、最近ではクラウドサービスによるファイル共有もバックアップを取る手段として知られています。これは、外部サーバーにデータファイルを保存させ、他の人とファイルを共有するというサービスであり、パソコンが壊れてバックアップをとっていなくても、クラウドサービスを利用すれば共有しているファイルならすぐに取り出せ利用できるので、データの復旧も気軽に行えます。しかし、この方法は個人でやる場合は少しコストが高いので、法人向けのバックアップ方法といえます。