パソコンのケア|いざという時のため|HDDが壊れたときはデータの復旧を
婦人

いざという時のため|HDDが壊れたときはデータの復旧を

このエントリーをはてなブックマークに追加

パソコンのケア

周辺機器

パソコンのデータが破損する理由は、パソコンのHDDが壊れてしまうからです。逆にいえば、HDDが壊れないようにすれば、データの復旧作業をしなくても良いということです。しかし、HDDは経年劣化によって壊れてしまうため、必然的にデータの復旧作業及びバックアップは取らなくてはなりません。しかし、パソコンの故障の頻度を下げることでHDDのダメージを最小限に抑えることができ、結果としてデータの復旧作業やパソコンの買い換えの頻度を減らすことは難しくはありません。
パソコンの故障を減らすには、定期的なメンテナンスが必要です。といっても、メンテナンスに必要な道具は少なく、ドライバーとエアダスターの二つがあればパソコンのメンテナンスは一人でも行なえます。まず、パソコンの電源を外し、OFFにします。その後、ドライバーでカバーを外し、後はエアダスターで内部の埃を吹き飛ばすだけです。そして内部の埃を全て除去した後は、ドライバーでケースを閉めれば終了です。
埃は、内部に積もるとパソコンの熱を逃さなくなってしまい、オーバーヒートを起こしやすくなってしまいます。そして、オーバーヒートすることでパソコンの寿命は大幅に下がるため、定期的に掃除をしなければなりません。なお、そうやって定期的にメンテナンスをしても、前述したとおりHDDは寿命を迎えると壊れてしまうので、いつ壊れてもデータの復旧が行いやすいようにバックアップをとっておくか、信頼できるデータの復旧業者を探しておきましょう。